『今週、妻が浮気します』ついにドラマ化決定!
OKWaveTOPへ  |  新規会員登録(無料)
今週、妻が浮気します
 


 堂々ハジメ(ユースケ・サンタマリア)は、大手出版社『現代公論出版』に勤務する35歳の九州男児だ。ハジメが所属しているのは、連載小説と特集記事を売りにした中高年層ターゲットの雑誌『現代公論』の編集部。創刊40年の歴史を誇る同誌は、かつては社の看板雑誌だった。だが、いまでは発行部数も激減し、特集記事もまったく当たらないどころか度々トラブルを引き起こし、その度に特集デスクのハジメが関係各所に土下座して回っているようなありさまだった。

 そんなハジメにとって自慢の妻が、アパレルメーカー『シャレーヌ』の企画開発室に勤務している陶子(石田ゆり子)だ。ハジメと陶子とは、同じ大学の天文部だったことが縁で結婚した。部のアイドルだった陶子を、どういうわけかハジメが射止めることに成功したのだ。ふたりの間には、6歳になるひとり息子・チカラ(加藤翼)がいた。ハジメにとって陶子は、明るく、優しく、そして母としてたくましい、という、まさに理想の妻だった。

 『現代公論』編集部は、雑誌編集一筋の独身編集長・小町ゆかり(江波杏子)を筆頭に、男勝りのバツイチ編集者・泉玉子(ともさかりえ)、ハジメとは同期の独身貴族・轟真一郎(沢村一樹)、小説を愛する古参の編集者・美濃部善男(皆川猿時)、裏ネタやオタクネタに詳しい蟻田ミキオ(宅間孝行)、茶髪の新人編集者・馬場敦(和田正人)ら、個性的な部員たちがいた。契約カメラマンの河野恵介(鈴木浩介)は、ハジメと陶子の大学時代の後輩でもあった。ハジメは、編集長と部員たちの間に挟まれ、人気ファッション誌の編集部員たちからはバカにされながらも、陶子とチカラのために必死で働いていた。

 そんなある日、ハジメは、間違って陶子の携帯電話を持ってきてしまったことに気づく。朝、チカラが熱を出してしまい、バタバタしていたせいだった。陶子がチカラを病院に連れて行くことになり、ハジメが陶子の分の身支度をした。が、ふたりが使っていたのが色違いのファミリー携帯だったため、カバンに入れ間違えてしまったのだ。ハジメは、とりあえず陶子が持っている携帯電話にメールを入れようと、メールの発信履歴を開いた。ところがそこに並んでいたのは自分のアドレスではなく、「youji-spring」という見知らぬ男のアドレスだった。戸惑いながらも、そのメールのひとつを開いてしまうハジメ。するとそこには、「今度の土曜日、アーリントンホテルの部屋を取りました。早く、あなたに会いたい」と打たれていた。

 ハジメは、動揺を抑えながら、『シャレーヌ』に向かい、旧姓で働いている陶子の名前を受付に告げて呼び出そうとした。すると、ちょうどそこに来客を見送るために陶子がやってきた。ハジメの姿に気づき、まぶしいほどの笑顔を見せる陶子。その姿を見たハジメは、陶子に限って浮気なんかするはずがない、と自分に言い聞かせる。

 会社に戻ったハジメは、蟻田から1枚の企画書を見せられる。
それは「あなたの妻は浮気をしています」というタイトルだった。蟻田によれば、妻の浮気ネタは新聞や週刊誌だけでなく、インターネットにも氾濫しているのだという。ハジメは、動揺を抑えるのに必死だった。

 ハジメたちがトラブルを起こすたびに世話になっているのは、法務部の至宝勝(西村雅彦)だ。至宝は、東大出身のエリートだが、実は妻の君子(広田レオナ)に内緒で浮気していた。名誉毀損問題で法務部まで呼び出されたハジメは、妻の浮気を確かめるためにメールを見るのは法的に問題なのか、と至宝に尋ねた。すると至宝は、妻に浮気されるのは男が情けないからだ、と言い放つ。

 そのころハジメたちは、新たな特集企画として、世界的な評価を得ている日本人指揮者・緒方清洵(上條恒彦)を取材しようとしていた。緒方は、30年ぶりに帰国し、日本でコンサートを開くことになっていた。

 その夜、ハジメは、とある作家の接待で飲みに出かける。その帰り、ハジメは、美しく着飾った陶子がレストランから出てくるところを偶然目撃し…。

サイトTOPへ    OKWaveとは?    あらすじ    キャスト    主題歌
 


OKWave最新の質問