クレイジーケンバンド 横山 剣さん スペシャルインタビュー
OKWave TOPへ新規会員登録(無料)
スペシャルインタビュー クレイジーケンバンド 横山 剣さん
ユースケ・サンタマリアさん主演の連続ドラマ「今週、妻が浮気します」(フジテレビ系列全国ネット、毎週火曜21時〜)の主題歌といえば、クレイジーケンバンドが楽曲提供する「てんやわんやですよ」。エンディングではクレイジーケンバンドのメンバーも出演し、堂々ハジメの職場を舞台に格好イイ演奏が繰り広げられる「てんやわんやですよ」の魅力と、さらにはもし主役の堂々ハジメの立場だったら?等々、クレイジーケンバンドの横山剣さんに聞いてきました!

Q.「今週、妻が浮気します」というタイトルを聞いた印象はいかがでしたか?
やっぱり今時の話かな、と。モバイルが発達してからの概念だなと思いますね。昔は女性が浮気していたとしても、意外と浮気していたりするんだけど(笑)バレにくかったんじゃないかと。モバイル時代になってから、以前よりもガラス張りになって、メールとか、着信履歴とか残るし。それに暗証とかロックとかしていても余計不自然だし、「何ロックしてんだ、暗証教えろよ」って聞いても教えなかったらやましいことがあるんじゃないかと。そういう意味では、昔のように男も女も浮気がしにくくなっているんじゃないかと思いますね。とくに今までバレなかった女性の浮気がバレやすくなっちゃったというのは確実にあるでしょうね。すごく現代的な話だと思います。
Q.ドラマの主題歌の書き下ろしは初めてということですが
そうですね。「タイガー&ドラゴン」は既存の曲が選ばれたものなので、CKBとしては初めてです。映画では「あぶく」を書き下ろしているのと、ドラマ主題歌の楽曲提供ではTOKIOの「トランジスタGガール」を作詞作曲していますけどね。
Q.「てんやわんやですよ」はストーリーを意識して作ったのでしょうか
そうですね。細部に渡るまでそこに寄り添うということではないんですけどね。あんまり寄り添い過ぎて音楽としてのマジックが損なわれても効果ないからね。かといって、あんまりストーリーと逸れすぎてもやる意味がないので、ちょうどいいスウィートポイントを探って、そこに着地させるのがいいと思ったんですよ。
Q.歌詞はユースケさん目線のようですが、そういうイメージがあったのでしょうか
ああいう気分ってのはいろんな局面がありますからね。メロディにもいろいろと切羽詰まった感じを盛込んでますね。「てんやわんやですよ」 という言葉は何年も前から、よくそういう状況になると口にしていた、普段の言葉なんですよ。てんやわんやな状況なのに、「てんやわんや」という響きには悲壮感がないのが救いかなって思います。
Q.曲のアレンジなどで意識された点は
この曲はメロディとリズムがほぼ同時に脳内で鳴ったから、頭の中にイメージが浮かんだのを、そのままメンバーに伝えて演ってもらいました。
Q.レコーディングの際のエピソードなどありますか
すごくスムーズだったので、特にこう「参ったな」ということはなかったんだけどね。ただ、ちょうどいいところへの微調節が難しいというか、あんまり楽しすぎてもいけないし、暗すぎてもいけないし、そういうちょうどいいところに、音像とかアレンジとかもちょっと音入れすぎたのを抜いたりとか、結構そういう微調整に時間をかけたけど、エピソードになるほど困った話もなく、今回すごくスムーズでしたね。
Q.春夏に曲を作ると聞きましたが、この時期(2月)のリリースというのは作曲する上でどうだったのでしょう
そうですね、曲が浮かばない時期にツアーをやるというか、やっぱ最大の敵は自分の苦手意識、と思うところがあって、それをちょっと取っ払ってみたら、何ていうことはなくすぐできちゃったという。春になるまで曲が浮かばないなんて決めつけちゃっていたけど、いざとなれば、火事場のバカ力じゃないけど、1年中曲が浮かぶいい機会になったかもしれませんね。
後編へ続く

クレイジーケンバンド 横山 剣 プロフィール
横山剣(よこやま・けん)
クレイジーケンバンド・リーダー/作曲・作詞・編曲・Vocal・Keyboards
ダブルジョイレコーズ代表取締役

クレイジーケンバンド公式サイト
所属レーベル公式サイト

1960年横浜生まれ。
小学校低学年の頃より脳内にメロディーが鳴り出し独学で作曲を始める。
これがキッカケとなって音楽の世界にのめり込んで行く。

中学2年よりバンド活動を開始して以来、地元横浜を中心に数多くのバンドで活躍するが、81年にクールスRCのコンポーザー兼ヴォーカルとして晴れてデビュー。以後、ダックテイルズ、ZAZOU、CK'S等のバンドを経て、97年春クレイジーケンバンドを発足。これを機に自分の作品に最も適したシンガーが自分である事を意識し始め、アルバム毎にヴォーカリストとしてのスキル&テクニックを高めて行く。

クレイジーケンバンドは”歌うメロディメイカー” 横山剣の脳内音楽をブレなく再生する東洋一のサウンド・マシーン。発足以来、中毒性のあるポップ・ウイルスが全国のクラブ・フィールドや、音楽マニアの間でジワジワと拡散を始めるが、メジャー配給となった2002年の4thアルバム『Gran Turismo』を機に瞬く間にファン層を拡大。2004年、2005年と日本武道館公演を成功させている。さらに2006年秋リリースの8thアルバム『GALAXY』がヒット・チャートの10位にランクされるなど、着実にその頭角を現し始めている。

●楽曲提供
和田アキ子、TOKIO、SMAP他多数。

●Remix(Crazy Ken Band Annex)
キリンジ、m-flo、Puffy、マツケンサンバ他多数。

●Featuring
m-flo、ライムスター、Q(ラッパ我リヤ)、PAPA-B、野宮真貴、CORN HEAD、ピチカート・ファイヴ他多数。


5月18日(金) Zepp Sendai
5月20日(日) Zepp Sapporo
5月24日(木) 広島 CLUB QUATTRO
5月26日(土) Zepp Fukuoka
5月31日(木) Zepp Tokyo
6月1日(金) CLUB CITTA'
6月6日(水) Zepp Nagoya
6月8日(金) なんばHatch
6月9日(土) なんばHatch
6月16日(土) 新潟LOTS
6月23日(土) Yokohama BLITZ
6月24日(日) Yokohama BLITZ

チケット料金:6,300円(税込み) *4歳以上チケット必要。
ツアー詳細は www.crazykenband.com にて
「今週、妻が浮気します」主題歌「てんやわんやですよ」
■「今週、妻が浮気します」主題歌
   「てんやわんやですよ」
※上記コンテンツはRealPlayerが必要となります。
このページのトップへ